● 診療のトピック

今回のテーマは「秋田大学で行われている先進的的医療~生殖内分泌分野:担癌患者における卵子・卵巣組織凍結について~」です

本文へジャンプ


こんにちは 秋田県産婦人科医会です
 



 近年、がん治療の著しい進歩によりその治療成績はめざましく向上し、がんを克服した患者(cancer survivor)が増加しています。しかし、悪性腫瘍の治療に施行される化学療法や放射線療法は性腺機能を不可逆的に低下させるため、治療終了後の性腺機能の低下や妊孕性の消失が問題であることが再認識されています。そう言った背景から、cancer survivorのQOLの向上を目指す治療、将来の挙児の可能性を確保するためのがん・生殖医療が重要視されています。がん・生殖医療とは、がん治療後に子供を授かる可能性を残すために、がん治療開始前に生殖医療を用いて妊孕性の温存を試みる治療です。妊孕性を温存する方法として、男性であれば精子凍結・精巣凍結、女性であれば、卵子凍結、卵巣組織凍結、受精卵凍結があり、原疾患(悪性腫瘍)と患者の年齢、婚姻状況に応じて妊孕性温存治療が選択されます。

 日本では、日本産科婦人科学会において2007年4月に「精子の凍結保存に関する見解」、2014年4月に「医学的適応による未受精卵子、胚(受精卵)および卵巣組織の採取・凍結・保存に関する見解」が示され、がん・生殖医療の概念が普及しました。秋田大学医学部附属病院では、2016年より倫理委員会承認の下、悪性腫瘍患者の精子凍結保存、未受精卵子・胚(受精卵)・卵巣組織の採取・凍結・保存の実施可能施設となっています。(適応についてはリンク先の表1表2表3表4を参照ください)

 女性における妊孕性温存療法には受精卵凍結・卵子凍結・卵巣組織凍結があります。受精卵凍結は結婚している方が対象となり、未婚の方は卵子凍結もしくは卵巣組織凍結が適応されます。受精卵凍結は卵子凍結に比べ妊娠率が高いですが、パートナーが変わるとその受精卵を使用できないというデメリットがあります。卵巣組織凍結は腹腔鏡下手術で片側の卵巣を摘出し、凍結保存を行う方法であり、短期間で多数の卵子を保存することができます。しかし、手術を受けるというリスクと、卵巣組織に腫瘍細胞が混入するリスクを伴い、広く行われるようになってきていますが未だ研究段階の治療方法です。それぞれの治療のメリットでメリットはリンク先の表5を参照ください。

 がん患者が生殖可能年齢もしくはその前の小児期の場合、がん治療医は患者の不妊症に陥るリスクを評価し、リスクの高い患者、妊孕性温存療法を希望する患者をがん・生殖医療の専門医へ紹介することが推奨されている。がん患者にとってがん治療が最優先されるべき治療であるということは言うまでもありませんが、がん患者の状態をふまえ妊孕性温存希望がある場合には最善の生殖医療が施せるよう努めていくべきであると考えています。(熊澤由紀代 記)